サイトメニュー

リスク発生を回避する為に

カウンセリング

安全な治療だが治療する医師選びは大切

ダイエットをして痩せても、どうしてか顔は大きいままの場合は脂肪が原因ではなく筋肉が原因の可能性があります。狙った部位の筋肉のみを小さくする事は日常生活上困難ですが、小顔ボトックス治療により可能です。顔が大きく見える要因にエラが張っているものがあり、このエラの筋肉が発達しているので平べったく顔が大きく見えてしまいます。エラにある筋肉は咬筋と呼ばれ、食事の際に咀嚼時に使用されます。筋肉は刺激を与える事で肥大し、使用しないと痩せていきます。食事は生命活動に必須な事であり、使用を自ら抑えて咬筋を小さくする事は不可能です。小顔ボトックス治療は、狙った部位の筋肉のみを日常生活に支障が起こらない範囲で緊張を緩和して痩せさせる事ができます。脳から筋肉への伝達物質を阻害する事で、筋肉が刺激されない様にし痩せさせていきます。小顔ボトックス治療は、ボツリヌストキシンという薬剤をエラに注射器で注入するだけの治療方法で、施術時間も5分程です。施術跡が残る事はなく、ダウンタイムもほとんどない安全な治療方法として多くの方が活用しています。

小顔ボトックス治療は安全で副作用のない薬剤を注入するので安心です。安全性は厚生労働省も認めていますが、それは薬剤を指しており施術する医師の腕によって結果は異なる場合もあります。小顔ボトックス治療は、エラに注射器で注入するだけと手軽で簡単と多くの方に認識されています。しかし顔の筋肉は様々な部位と連動しており重なり合っています。正確に咬筋へ注射する技量が必要です。またボツリヌストキシンは筋肉の緊張を緩和する効果があるので、薬剤の量を誤ると弛緩しすぎて食事を摂る事にも支障が起こります。状態や希望に合わせて適切な注入量を決める判断力及び診断力と、正確に注射する技量がこの治療には求められます。こうした事から、治療を受けるクリニックや医師選びは非常に重要であり、リスク回避の為には患者自身が見極める必要があります。保険適用外で自由診療なので、治療費についてはクリニック毎に自由に設定できます。安く治療を受けられると値段で決めるのは早計であり、信頼できて実績があるのかも確認しておく事が重要です。