サイトメニュー

プチ整形でエラ張り改善

注射器

咬筋の緊張を和らげる

有名芸能人が美容整形を告白し、頬骨や顎の骨を削って美しい輪郭を手に入れたという話をしているのをテレビで耳にすることも珍しいことではなくなりました。以前はタブー視されていた美容整形ですが、テレビで整形を包み隠さずに発表することができるまでに、広く普及したことが伺えるエピソードです。実は、エラ張りは大規模な美容整形手術をしなくとも、プチ整形で簡単に小顔になることができる方法が確立されています。その方法は、ボトックス注射であり、注射器1本でできてしまう手軽な施術なのです。まず、エラ張りの人の場合、咬筋がとても発達しています。そこで、咬筋部分にボトックス注射を施します。施術時間はたったの10分程度で完了し、ダウンタイムも一切ありません。あとは、3〜4週間ほど掛けて咬筋の緊張が緩和されていくので、数週間後にはスッキリとした小顔になっています。周囲からは、ダイエットにでも成功したのかと見られるので、ボトックス注射によるプチ整形がバレることはありません。

手術をすることなく、小顔になりたいという方には、ボトックス注射がお手軽です。エラが張った部分というのは、咬筋がかなり発達した状態です。この咬筋部分の発達状態というのは個人差があります。いわゆるエラ張りと呼ばれる人の場合、通常よりも発達しています。筋肉が発達した状態であれば、ボトックス注射を用いて筋肉を弛緩させ、発達したエラを改善することができます。この方法を用いれば、大々的な手術を行う必要もありません。では、ボトックス注射はどれくらい効果が持続するのでしょうか。まず、最大の効果が現れるのが、施術から4週間から5週間経過したときです。その際には、エラ張りが改善され、ほっそりとした小顔効果を得ることができます。次に、ボトックス注射は6ヶ月ほどその効果が持続するとされています。ただし、筋肉の弛緩効果はその後も継続するため、以前よりもエラ張りを改善することに繋がります。結果として、以前に比べて3割り程度小顔になることができるので、ボトックスの効果は続きます。