サイトメニュー

悩みを解決する

整形

コンプレックスの解消

小顔になるために美容整形を行う、と考える人もいます。しかし美容整形はリスクもありますし、施術後は痛みが生じるというデメリットもあります。最近では大がかりな施術を行うのではなく、ボトックスを注入して小顔を作るという方法が一般的になってきました。ボトックスを注入するという方法であればリスクも抑えることができますし、一定の期間を開けることによって、繰り返し施術を受けることが可能となっています。気になる部分に注入をすることができるということもありますし、ある程度の時間が経過をするとお肌に吸収されていくので、副作用を起こすというリスクもかなり低いということがあります。注射での注入なので傷痕が目立つという従来の施術とは大きく異なります。注入を行って小顔効果が薄れてきたと感じたら、再び注入をすることができるというのも魅力的です。ただし、ダウンタイムが生じることは十分考えることができるので、ある程度は落ち着きまでに時間がかかってしまう、ということがあります。

ボトックスを使った小顔の施術を受けたいと考えているのであれば、美容整形クリニックに足を運んでみるとよいでしょう。どれくらいのボトックスを注入するのかということも検討をしてみるとよいでしょう。施術を受ける前にカウンセリングを受け、その上で注入量を決めることも可能となります。顎の骨を削るような施術の場合にはリスクも高いですし、1度施術を行ってしまうと修正を行うことができなくなってしまう、ということがあります。しかしボトックスを注入する小顔の施術はやり直しをすることも可能となってきます。定期的に施術を受けることができるので、こうしたいと考える部分が出てきた場合には注入量を調整するということも可能です。理想的な顔の大きさにするためにはどこのどれくらいの量を注入するべきなのか、ということも考えながら施術を受けることができます。理想的な顔にしたいということがあっても顔の大きさは簡単には変えることができません。ボトックスを使うことによって、小顔効果を得ることができるのでメイクなどでごまかす必要はなくなります。