サイトメニュー

クリニックの選択時には

女性とエステシャン

クリニックを選ぶ視点と大切な協力について

顔を小さくスリムにできる小顔ボトックスですが、クリニック選びは非常に重要です。小顔なので当然顔にボトックス注射治療を行いますが、顔には表情筋があり幾重にも筋肉が重なり合っています。その中で他の部位に影響を与えない様に、正確な位置に注射する技術が必要です。またボトックス治療で使用する薬剤であるボツリヌストキシンの量も、状態や希望によって変えないと効果が過剰に出たり効果がでない事態になります。ボトックス治療は美容業界においては歴史が浅いです。多くの美容上の悩みを解消できるので、選んだクリニックが小顔治療だけは症例が少ないなんて事もあります。正確な技術と判断力は経験に裏付けられるものなので、クリニックを選ぶ際は、ボトックス治療に精通しているだけでなく、小顔治療も数多く治療を行っている実績がある事も確認が必要です。クリニック事態の歴史が長くても、在籍している医師の経験が浅い場合もあるので、同時に在籍医師についてもリサーチは必要です。以上の様に、小顔治療について精通しており、経験が多い医師及びクリニックである事がリスク回避に繋がります。

小顔ボトックス治療を受けられる美容クリニックでは、必ず医師との面談があります。カウンセリングと言い、状態把握と希望を把握してもらい、しっかり治療の説明を受ける場になります。カウンセリングでは稀にカウンセラー等、医師ではない者が行う場合があります。しかし施術を行うのは医師なので、情報の行き違いによりトラブルに発展する可能性もあります。その為、必ず医師と面談できるクリニックである事も大切です。カウンセリングが医師で行っている場合でも確認は必要です。カウンセリングと当日施術する医師が異なる場合もあります。クリニックに全て任せず自身で行えるリスク回避は行う努力が必要です。小顔ボトックス治療を受ける際に、クリニック側の対応を見極める事は重要です。しかし自身も相応にクリニックに協力する必要もあります。医療施術なので思わぬ副作用が発生しない様に、自身の持病や服用薬等の状況を隠さず伝える事です。医師であっても初見で全てわかるわけがありません。互いに協力し合い、一緒に最善の方法を模索していくのも、カウンセリングが行われる重要な理由です。