サイトメニュー

注射器

プチ整形でエラ張り改善

プチ整形で小顔になるには、ボトックス注射を利用することです。これならば、エラや顎を削らずに筋肉の緊張を弛緩させることができます。エラが張った状態というのは、咬筋が発達している状態なので、咬筋の緊張を和らげる必要があります。

詳しく見る

女性とエステシャン

クリニックの選択時には

小顔ボトックス治療では当然顔に治療するので、細かく折り重なった筋肉が多い顔の中から正確に注射する技術と状態に合わせた量を判断できる医師が求められます。見極めは大切ですが、同時に依頼する際自身の事をしっかり伝える自身の努力も大切です。

詳しく見る

カウンセリング

リスク発生を回避する為に

エラが筋肉によって張り、大きく見える場合は小顔ボトックス治療が適しています。安全で日常生活に支障なく小顔を目指せます。薬剤が安全でありますが施術する医師により結果が左右されますので、診断力と技量を有している医師選びは重要です。

詳しく見る

整形

悩みを解決する

小顔になりたいという願望がある場合、ボトックスの注入を行って対応をするという方法があります。コストも抑えることができますし、事前のカウンセリングで理想に近づけるためにはどうするべきなのか、なども相談できます。

詳しく見る

エステティシャン

顔のラインを変える

小顔矯正としてボトックスは人気があり、リスクも少ないため近年注目されているプチ整形です。安すぎるところを避け、安心して施術を任せられたなどのレビューを確認していくようにすれば満足いく小顔矯正をしてもらうことができます。

詳しく見る

むくみやたるみが原因

治療

副作用のない安心出来る施術方法

仲の良い友人数人で撮られた写真を見ると自分の顔だけ大きく写っており、情けなくなった経験を持つ女性も多いのではないでしょうか。普段はさほど気にならない顔の大きさも他人と比べられることで、その違いが判った時には気持ちが落ち込んでしまい小顔になる決心をした人もいるようです。顔が大きい原因はいろいろ考えられますが、生まれつきの骨格しっかりしている人ならば子供の頃から意識することになると思われます。ですが年齢と共に頬や顎と言った所に膨らみが出てしまって起こる場合では、脂肪がついて来たと考えられます。また年齢が増すことでむくみやすい体質にもなり、たるんでしまったりエラなどが張るようになり、更に顔が大きく見えることになってしまいます。そんな時、小顔にしたいと訪れるのが美容皮膚科で、ボトックス注射での施術を受けることになります。ボトックス注射を打つことで筋肉の動きを抑えることが出来、咬筋を委縮させることでエラが小さくなり、小顔に見えることが出来ます。副作用もなく安心出来る施術方法となっています。

加齢と共にむくみやたるみ症状がひどくなり、いつの間にか顔が大きくなってしまったと言う女性もたくさんいます。化粧を工夫しても髪の形を変えても、顔の大きさが目立ってしまい、ストレスを抱えてしまう女性も多いと思われます。そんな女性に人気となっているのがプチ整形で、体にメスを入れることなく整形が出来る方法です。プチ整形にはヒアルロン酸注入とかボトックス注入、更には細い糸を使うもので、短時間で施術が終わり、ダウンタイムも短く済むこと多くの女性が望む施術となっています。このプチ整形の中のボットクス注入では、表情シワをなくすことや、ほうれい線を消すことに使われるもので、小顔には別な方法が取られる場合もあります。ですがエラが張ってしまった時にはボトックス注入が良い効果を生むことになり、咬筋を咬筋を委縮させてエラを小さく見せることが出来、その結果小顔に見えて来ることになります。この咬筋は食事をすることで発達してしまうことから、再度の施術が必要にもなって来てしまいます。